中国の消息不明テニス選手「家で休んでいるだけで順調」の“無事メール”は本当?

[ 2021年11月19日 05:30 ]

 中国共産党最高指導部メンバーだった張高麗元副首相(75)と不倫関係にあったと告白した後、消息不明になっているテニス選手、彭帥(35)のものとするメールを中国国営メディアが18日、ツイッターで公開した。安否を案じる声が大坂なおみ(24)ら著名選手から上がる中、無事だと説明する内容が英語で記されているが彭が自身の意思で書いた文章なのかを疑問視する声が広がっている。

 メールは、告白に関し公正な調査を求める声明を出した女子テニス協会(WTA)のスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)に宛てたもので、国営中央テレビ系列の中国国際テレビ(CGTN)がツイートした。

 「私は行方不明ではなく危険な状態でもない。家で休んでいるだけで全て順調だ」と書かれており、さらに、調査を求めた声明が触れた「性的暴行」は「事実ではない」と指摘している。これに対し、サイモン氏は声明で「彼女の安全と行方への懸念が高まっただけだ。実際にメールを書いたと信じるのは難しい」と表明。「何度も彼女と連絡を取ろうとしたが無駄だった」と訴え、彭が安全との独立した証明が必要と強調した。

 彭は2日に短文投稿サイト、微博(ウェイボ)で不倫を告白。同意していない性行為もあったとしていた。

続きを表示

「嵐」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月19日のニュース