エリザベス女王 1カ月ぶり公務の姿、英軍幹部に接見し笑み 10月一時検査入院

[ 2021年11月19日 05:30 ]

 エリザベス英女王(95)は17日、ロンドン郊外のウィンザー城で英軍幹部に接見し、笑顔で言葉を交わした。王室が写真や映像を公開した。女王は10月に医師の助言を受け、静養を続けてきた。英PA通信によると、対面で公務に従事する姿が公開されるのは約1カ月ぶり。

 女王は、近く退任予定のカーター国防参謀長を部屋に迎え入れて握手した。このところ公務でつえを使う場面も見られたが、映像ではつえを使っておらず、立ちながら制服組トップを勤め上げたカーター氏を慰労した。女王は10月20日、公務を取りやめて一時検査入院。今月14日にロンドンで行われた戦没者追悼式典への出席を強く望んだものの、ぎっくり腰のため急きょ欠席していた。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年11月19日のニュース