立民・枝野代表「乃木坂」の心境で闘う、勝負曲歌詞引き合いに

[ 2021年10月24日 05:30 ]

衆院選2021 31日投開票

スポニチ本紙などのインタビューに応じた立憲民主党の枝野幸男代表。現在の心境を勝負曲の1つにしている乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」の気に入っているフレーズで表現(撮影・安田健二)
Photo By スポニチ

 立憲民主党の枝野幸男代表が23日、スポニチ本紙などスポーツ紙の合同インタビューに臨んだ。スポーツや芸能など無党派層が関心を持ちやすい話題を扱うメディアへの露出を増やして無党派層への浸透を図る狙い。街頭に集まる聴衆について「4年前を思い起こすような反応だ」と手応え。選挙戦後半に向けて「あなたの一票で変わる」というメッセージを強く訴えていく考えを示した。

 アイドルソング好きの枝野氏は勝負曲のひとつに乃木坂46「夜明けまで強がらなくてもいい」を挙げ「すぐに夜明けが来る、というのが歌詞の締め。まさに今はそういう気分だ」と政権奪取へ闘志を燃やした。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月24日のニュース