紀子さまの父・川嶋辰彦さんが入院 眞子さま、佳子さまも急きょお見舞い

[ 2021年10月21日 05:30 ]

 秋篠宮妃紀子さまの父で学習院大名誉教授の川嶋辰彦さん(81)が今月19日に東京都内の病院に入院したことが20日、関係者への取材で分かった。詳しい容体は不明。19日午後に、紀子さまと長女の眞子さま(29)、次女の佳子さま(26)が急きょお見舞いに行かれた。

 眞子さまは26日に小室圭さん(30)との結婚と会見を控えており、19日午前は結婚報告のため皇室の祖先などを祭る皇居・宮中三殿を参拝していた。紀子さまは午後4時ごろには住まいで秋篠宮さまとオンラインで公務に当たっており宮内庁関係者は「合間を縫っての急なお見舞いだったようだ」としている。

 眞子さまは18日には米国から帰国し隔離期間が経過した小室さんと赤坂御用地で3年2カ月ぶりに再会。秋篠宮ご夫妻も小室さんと面会しており、結婚への準備が進む中で届いた心配な知らせ。宮内庁関係者からは「6日後に控えた結婚に何か変更があるかもしれない」との声も漏れた。

 26日は、宮内庁関係者が婚姻届を提出し、眞子さまは皇籍離脱。午後には、小室さんと2人で会見に臨む予定。小室さんの母親の金銭トラブルなどがあり、皇室関連の儀式は一切行わない異例の形の結婚となっている。

 川嶋さんは東大経済学部で統計学を学び、東大大学院、米国ペンシルベニア大などを経て学習院大学経済学部で長く教授を務めた。2011年から同大の名誉教授。国交省の専門委員なども務めた。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月21日のニュース