眞子さま 結婚後まもなく1人暮らしも、小室圭さんとの再会つかの間 夫が先に渡米なら

[ 2021年10月19日 05:30 ]

秋篠宮家の長女眞子さま
Photo By スポニチ

 小室圭さん(30)と約3年2カ月ぶりに再会された秋篠宮家の長女眞子さま(29)が18日、26日の結婚後まもなく“1人暮らし”になる可能性が浮上している。宮内庁関係者の間でささやかれているもので、小室さんとこの日も今後のことについて話し合ったとみられる。2人で行う結婚会見についても準備が進んだ。

 この日の眞子さまと小室さんについて、宮内庁関係者は「1時間ほど2人きりで過ごすことができたのでは」と話す。26日に婚姻届の提出方法や、その後に開く記者会見などについて話し合ったとみられる。

 3年2カ月ぶりに再会した2人にはつかの間の時間。結婚後にはともに過ごせるようになるが、すぐに再び離ればなれになる可能性がささやかれている。宮内庁関係者の間では「小室さんが1人で眞子さまより先に渡米するようだ」との話が流れている。

 眞子さまのパスポートやビザの取得が予定より遅れており、当初予定していた結婚直後の渡米が延期になっている。この間、2人で日本で過ごすとの見方があったが、皇室関係者は「小室さんの就職が内定しているニューヨークの法律事務所に早く来るように言われているようだ」と語る。

 留学先のフォーダム大ロースクールを5月に卒業し、ニューヨークの法律事務所での就職が内定。既に助手として籍を置き、働いている。

 眞子さまは現在の住まいの赤坂御用地を出て、セキュリティー面が万全なマンションなどで生活することになるとみられているが、小室さんが先に渡米となれば、眞子さまは、いったんここで1人暮らしになる。宮内庁関係者は「内親王が皇室を離れてすぐに1人暮らしをするということになれば、過去に例のないことではないか」と話す。

 小室さんの母親の佳代さんがサポートしていくことになりそうだ。皇室関係者は「セキュリティー面や世間の耳目を集めることを考えて、眞子さまは極力外出を控えて過ごされることになりそうだ」と話している。

 《小室さん実家周辺厳戒態勢》横浜市にある小室さんの実家マンション前はスーツや制服を着た警察官が周辺を警備して回った。その数は30人ほどになる時間帯もあり、交通規制も行われた。厳重な警備態勢の中で50人ほどの報道陣がマンションの入り口を見つめた。宮邸がある東京・元赤坂の赤坂御用地に出入りする複数の門の近くでは報道陣だけでなく、通行人も足を止め、上空には報道のヘリコプターが飛んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月19日のニュース