小室圭さんが自宅出発 ロン毛“断髪”姿 秋篠宮ご夫妻にあいさつ 眞子さまと3年ぶり再会へ

[ 2021年10月18日 07:47 ]

赤坂御用地へ向かうため自宅マンションを出る小室圭さん(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 秋篠宮家の長女眞子さま(29)との結婚を26日に控え、小室圭さん(30)が18日、秋篠宮ご夫妻にあいさつするため、横浜市内の自宅を出発し東京・元赤坂の赤坂御用地へと向かった。先月27日に留学先の米国から帰宅した際には後ろで束ねたロン毛はばっさりと切られ、さっぱりとした髪形だった。 

 小室さんが秋篠宮ご夫妻と会うのは約3年2カ月ぶり。渡米直前の2018年8月4日に赤坂御用地に赴いて以来となる。米国での生活状況などのほか、国民の批判を招いた小室家の金銭トラブルへの対応も説明するとみられる。ビデオ通話で3年以上やりとりを続けてきた眞子さまとも再会する。

 午前7時47分、30人ほどの警備が敷かれた厳戒態勢の中、自宅を出た小室さんはカメラに向かい一礼。両手に荷物を持ち、硬い表情で車に乗り込んだ。話題となっていた“ちょんまげ”スタイル。この日は入念に切りそろえられていた。関係者によると、前日17日に自宅に美容師を招いて自身のロン毛を散髪したという。小室さんの髪形を巡って、宮内庁関係者は「長髪が悪いわけではないが、TPOに合わせた身だしなみが求められるのは当たり前。さすがにあの髪形では秋篠宮さまにお会いできないでしょう」と指摘していた。

 小室さんは2018年8月、弁護士資格の取得を目指して渡米し、ニューヨークの法律事務所に就職した。今年7月に現地の弁護士試験を受け、結果は12月中旬までに判明する。9月末に一時帰国した。

 2人は17年9月に婚約が内定したが、金銭トラブルを指摘する週刊誌報道が相次ぎ、18年2月以降、結婚が延期になっていた。

 秋篠宮さまは同11月の誕生日記者会見で、金銭トラブルに関し「相応の対応」を求め、国民の納得を結婚の条件に挙げられた。今月1日に宮内庁が結婚を正式発表した際には「多くの人が納得し、喜んでいる状況ではない」との認識を改めて示していた。

続きを表示

この記事のフォト

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月18日のニュース