岸田首相 解散受け会見「未来選択選挙」と命名「時代は分岐点に」

[ 2021年10月15日 05:30 ]

衆院選2021 19日公示、31日投開票

衆院を解散し、記者会見する岸田首相
Photo By 共同

 岸田首相は14日夜、解散を受けて記者会見を行った。冒頭の約20分で非正規労働者や子育て家庭、事業者への給付金など、選挙後に取り組む政策を羅列。「国民の信任をいただければ、経済対策を最優先でお届けする」とアピールした。

 総選挙について「未来選択選挙」と命名。理由として「時代は分岐点にあり、どのように動くかが日本の未来を決める。国民の皆さんのご判断をお願いする」と説明した。

 「新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いている今こそ、最悪の事態を想定して強力な対策を準備する」と強調。新型コロナの対応について「あす(15日)、全体像の骨格を発表する」と述べた。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月15日のニュース