日大背任事件 理事逮捕後初めて田中理事長を聴取、病院内で数時間

[ 2021年10月15日 05:30 ]

日大の田中英寿理事長
Photo By 共同

 日本大学医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の建て替え工事を巡る背任事件で、東京地検特捜部が日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)らを逮捕した後初めて、田中英寿理事長(74)を任意聴取したことが14日、関係者への取材で分かった。理事長は特捜部から、日大としての被害届提出を求められたが「不正はなく、損害は受けていない」として拒否したという。

 関係者によると、田中理事長は都内の病院に入院しており、聴取は13日に院内で数時間行われた。特捜部は関連会社「日本大学事業部」に業務委託した工事の設計契約について、日大側の関与の認識をただす一方、大学の損害を裏付けるために被害届の提出を求めたとみられる。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月15日のニュース