ナニワで解散即バトル!立憲・辻元氏「維新はローカル政党。眼中にない」も維新・吉村氏見たさに3000人

[ 2021年10月14日 20:10 ]

JR高槻駅南口ロータリーで衆院選立候補予定の池下卓氏(右)を応援演説する日本維新の会・吉村洋文副代表
Photo By スポニチ

 衆院が解散した14日、大阪では早くも全国区の2人が“舌戦”が展開された。大阪府高槻市のJR高槻駅前では、駅を挟んで大阪府知事で日本維新の会の吉村洋文副代表(46)と立憲民主党副代表の辻元清美氏(61)が有権者へ向かって熱弁を振るった。

 辻元氏は国会の本会議場で解散を見届けてからその足で帰阪。解散から4時間後、地元・大阪10区での立候補予定者として駅北口の狭いスペースで約300人の聴衆を前に第一声を挙げた。

 新型コロナウイルス対策、森友問題を掲げて自民党をぶった斬り、「野党第1党として、責任を果たす」と訴え、「女の人が黙ってたらアカン。私が先頭に立ちます。女性の力で日本を変える」と声をからした。一方で、同じ大阪10区で直接対決が想定される日本維新の会の新人、池下卓氏(46)についてはバッサリ。「他の政党は気にしない。申し訳ないけど、維新はローカル政党。大阪だけ。衆議院では11人でしょ。私らは100人以上います。眼中にありません」と完全無視を決め込んだ。

 辻元氏の第一声から1時間後、南へ80メートルほどの駅南口ロータリーでは維新の吉村氏が新人の池下氏を応援演説。新型コロナ禍で次々と対策を打ち上げていることもあってか“人気”は高く、女性を中心に約3000人(陣営発表)が吉村副代表の主張に耳を傾けた。14年、17年と過去2回の衆院選で維新候補が辻元氏に完敗したこともあってか、吉村氏は「高槻にはメチャ強い人がいる。名前は言いませんが、辻元さんです」と“褒め殺し”ネタで笑いを誘いながら、対抗意識を前面に押し出した。

 吉村副代表は演説の中で、大阪での新型コロナ対策、教育改革などを例に挙げ、「維新は特定の団体から支援を受けていないからこそできる改革がある。無責任な政権は許せない」と現政権への失望感を口にし、「池下さんに頑張ってもらいたい」と送り出した。

 大阪10区からは辻元、池下両氏の他、自民党・大隈和英氏(52)が立候補する予定。大隈氏も同時刻頃、JR高槻駅から南東500メートルにある阪急高槻市駅前で演説した。

続きを表示

この記事のフォト

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月14日のニュース