衆院14日解散 岸田首相「強い覚悟で臨む」、立憲・枝野代表は政権交代意欲

[ 2021年10月14日 05:30 ]

13日、参院本会議で答弁する岸田首相
Photo By 共同

 岸田文雄首相は14日午後、衆院を解散する。その後の臨時閣議で「19日公示、31日投開票」の衆院選日程を正式決定。与党は、新型コロナウイルス感染症対策を含む大胆な経済政策を実行に移すため国民の審判を仰ぐ必要があると強調。野党の立憲民主党は共産党などとの共闘を強化し政権と厳しく対峙(たいじ)する意向だ。

 衆院選は自民、公明両党が定数の3分の2の計310議席を得た2017年10月以来。首相は13日、自民党全国幹事長会議に出席し、衆院選に関し、コロナ対策や外交・安全保障といった課題を誰に託すのかを国民に判断してもらうと力説。「私たちの国の未来が懸かった大切な選挙だ。強い覚悟で臨む」と述べた。14日夜には解散理由を説明する記者会見を開く構え。

 立民の枝野幸男代表は記者会見で、岸田首相の経済政策について、安倍晋三元首相による「アベノミクス」と変わらないと指摘。森友学園を巡る公文書改ざん問題や、選択的夫婦別姓制度に対する岸田首相の政治姿勢を批判し「最大野党として国民に政権の選択肢を示す」と語った。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月14日のニュース