東京8区出馬撤回、れいわ山本代表が“逆取材”「どこか穴場はありますか?」

[ 2021年10月14日 05:30 ]

13日、衆院選公約を発表するれいわ新選組の山本代表
Photo By 共同

 れいわ新選組の山本太郎代表は13日、東京・新宿駅構内で次期衆院選のマニフェスト発表会見を行い、小選挙区から100%立候補するかとの質問に「やる気満々です。出ます」と答えた。

 立憲民主党との調整不足により一度宣言した東京8区からの出馬を撤回。新たにどの選挙区から立候補するかは「いくつか候補があるが、今は言えない。いつまでに決めるかは最悪締め切りギリギリになる」と明言しなかった。報道陣に「どこか穴場はありますか?」と“逆取材”もした。

 聴衆から、過去に金銭授受疑惑が取り沙汰された自民党・甘利明幹事長の神奈川13区での出馬を求める声が上がったが「もう立憲民主党の候補で一本化している」と話した。

 東京8区の立憲民主党公認候補で、野党が一本化に向け検討を続けている吉田晴美氏が「一緒に街宣しましょう」と“共闘”を呼びかけたことについては「一本化されるのであれば、スケジュールが許す限り応援に入りたい」と語った。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月14日のニュース