自民 比例東京に「ミス日本」擁立へ 松野頼久元衆院議員次女の未佳氏

[ 2021年10月9日 05:30 ]

「ミス日本2016」グランプリに輝き、トロフィーを手にする松野未佳氏
Photo By スポニチ

 自民党が次期衆院選比例代表東京ブロックに「ミス日本2016」でグランプリに輝いた松野未佳氏(26)を擁立する方向で調整していることが8日、分かった。未佳氏は元維新の党代表・松野頼久元衆院議員の次女。東京都連が近く党本部に申請する。

 祖父・頼三氏は自民党に所属し農林相などを歴任し、小泉純一郎元首相も師事した。頼久氏は鳩山由紀夫内閣で内閣官房副長官にも任命された実力者。未佳氏はミス日本グランプリ受賞の際に「祖父や父の背中を見て、小さい頃から政治家になりたかった」と告白していた。1年間のミス日本の活動後は芸能活動もしたが、数年前から党女性局に参加し、夢をかなえるべく都議選本部でアルバイトをしていた。

 昨年9月には小泉氏に連れられ二階俊博幹事長(当時)と面会。動向に注目が集まっていた。

 ◇松野 未佳(まつの・みか)1995年(平7)7月29日生まれ、東京都出身の26歳。幼稚舎から大学まで慶応。映画や拡大鏡「ハズキルーペ」のCMにも出演。趣味はゴルフ、テニス。特技は料理。1メートル64。血液型O。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月9日のニュース