テキサス州で18歳の生徒が教室で発砲 1人が重体 

[ 2021年10月7日 15:31 ]

事件現場となった高校に駆けつけた警察官(AP)
Photo By AP

 米テキサス州アーリントンのティンバービュー高校で6日、18歳の男子生徒が他の生徒とのけんかの最中に銃を発砲。4人が負傷し、銃弾を受けた2人を含む3人が病院に搬送された。15歳の少年が重体で、残りの2人の生徒は命に別条はないもよう。4人目の負傷者は現場で手当てを受けた。

 アーリントンの警察当局によれば現場から逃走していた容疑者の男子生徒は、発砲から数時間が経過して出頭。その場で逮捕され、7万5000ドル(約830万円)の保釈金が設定された。

 AP通信によればけんかは教室内で発生。発砲は無差別に行われたものではなく、けんかの相手に対しての行為だったとされている。

 なお発砲した生徒の家族側によれば、この18歳の生徒は高校でいじめを受け、私物を2度盗まれていたとしている。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年10月7日のニュース