岸田文雄氏とひろゆき氏がツイッター上でやりとり 「GoToトラベル」「ワクチンパスポート」で意見共有

[ 2021年9月21日 16:49 ]

西村博之氏
Photo By スポニチ

 自民党総裁選に立候補している岸田文雄前政調会長(64)と「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏(44)が21日、ツイッター上でやり取りを繰り広げた。

 一般フォロワーから「GoToトラベル」の再開について質問ツイートを受けた岸田氏は「GoToトラベルを前回と同じ方法で再開するのは現実的ではないと考えます。より安心して活用してもらえるよう、ワクチン接種証明などと組み合わせる『GoTo2.0』を実施します。また前回は、中小の旅館や業者が潤わなかったという指摘もあります。中小の旅館などには補助率を上げる仕組みが必要です」と投稿した。

 このツイートに対し、フランスで生活しているひろゆき氏が「フランスでワクチンパスポートが始まって、ワクチン接種率がやたらに上がりました。ワクチン打たないと不便になるという鞭(ムチ)ではなく、ワクチン打つと得をするという飴(アメ)の方向は日本的で良いと思います」と反応。

 岸田氏は、ひろゆき氏の投稿に返信する形で「ワクチン接種証明の活用と同時に、予約不要の無料PCR検査を拡大し、一定期間有効な【陰性証明】も活用します。加えて、簡易な検査キットを普及させることで、1日も早く、通常に近い社会経済活動を取り戻していきたいと考えています」と方針を示した。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月21日のニュース