自民党総裁選 電話調査は河野氏が48.6%で優勢

[ 2021年9月19日 05:30 ]

 共同通信社は17、18両日、自民党総裁選について電話で調査し、全国の党員・党友の支持動向を探った。投票資格があると答えた党員・党友の回答を集計したところ、新総裁にふさわしいとしたのは、河野氏が最多で48.6%を占めた。

 岸田氏が18.5%、高市氏が15.7%、野田氏は3.3%だった。総裁選の仕組みに沿って換算すると、党員・党友による地方票382票のうち河野氏は210票を超えた。一方で国会議員の支持動向を取材したところ、岸田氏が2割超を固めている。党員調査との違いが浮かんだ。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月19日のニュース