鈍器で79歳女性撲殺疑い 自首の長崎大生逮捕「殺せる人探した」

[ 2021年9月15日 05:30 ]

 佐賀県鳥栖市で、79歳の女性を鈍器で殴り殺害したとして、県警は14日、殺人の疑いで長崎市の長崎大4年山口鴻志容疑者(25)を逮捕した。捜査関係者によると、2人に面識はなく「殺せる人を探していた」という趣旨の供述をしており、県警は裏付けを進めている。山口容疑者は13日に大分県警に自首した。

 逮捕容疑は10日午後1時すぎ、鳥栖市の住宅敷地で無職大塚千種さんの頭部を鈍器で複数回殴り、外傷性くも膜下出血による脳機能障害で殺害した疑い。

 佐賀県警によると、殴ったことを認め「殺してしまうかもしれないと思ったが、確定的な殺意はなかった」と供述している。

 大塚さんは当時、自宅隣の親類宅で草刈りをしていた。「ぎゃー」という叫び声を聞いた近隣住民が頭から血を流している大塚さんを発見し、119番した。

 捜査関係者によると、事件前日の9日夜、長崎市内の山口容疑者宅で火災が発生し、アパート一室の一部を焼損。山口容疑者の姿はなく、出火原因を調べるため、長崎県警が所在確認していた。

 一方、山口容疑者は9日、長崎市から福岡市博多区の宿泊先に移動。翌10日、タクシーで鳥栖に向かい、事件後、列車で博多に戻り、大分を訪れた、と説明している。

 13日午後0時半ごろ、大分中央署に自首した際「とんでもないことをしてしまった」と話したという。現場を「初めて訪れた」とも供述。所持していたリュックサック内にあった柄が37~38センチ、金属部分の長さが約12センチのハンマーで殴ったと説明している。

 長崎大は14日、山口容疑者が薬学部の学生だと明らかにした上で「誠に遺憾だ。関係者に深くおわびする」とコメントした。

続きを表示

「白鵬」特集記事

「騒動特集」特集記事

2021年9月15日のニュース