カリフォルニア州南部の高速道路に炎と煙 森林火災が道路を直撃

[ 2021年9月13日 14:04 ]

ロサンゼルス郡北部の州間高速道路を襲った森林火災(AP)
Photo By AP

 米カリフォルニア州南部のロサンゼルス郡キャスティーク一帯で11日に発生していた森林火災が、風速6メートル前後の風にあおられて拡大。12日には州間高速道路の5号線を巻き込み、道路は数時間にわたって閉鎖された。

 11日から空からの消火活動も行い、12日までに63%が鎮火。しかしやけどを負った消防士2人が病院に搬送された。

 さらにカリフォルニア州北部でも新たに火災が発生。サンフランシスコの北176キロに位置しているカルペラで12日に火の手が上がり、一部住民に避難命令が出された。

 同州では7月中旬から森林火災が多発。史上2番目の規模となった「ディクシー・ファイア」はようやく65%まで鎮火したが、これまでに1300棟以上の民家と建物を焼き尽くし、焼失面積は埼玉県をわずかに超える3885平方キロメートルに達している。

続きを表示

この記事のフォト

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年9月13日のニュース