「メガネスーパー」コロナ在宅療養者を支援 コンタクトレンズ無償配布など

[ 2021年9月9日 14:50 ]

 「メガネスーパー」を展開する株式会社ビジョナリーホールディングス(東京都中央区)は9日、新型コロナウイルス在宅療養者にコンタクトレンズや補聴器の支援を行うと発表した。

 この日から「コンタクトレンズの無償配布(使い捨てコンタクトレンズ1箱30枚を2箱無償提供)」「コンタクトレンズケア用品の無償配布(1本)」「補聴器用空気電池の無償配布(1パック)」を実施。全国を対象に、申し込みは同社ホームページから。

 同社は「在宅療養によりコンタクトレンズや補聴器の使用に支障をきたす方が増加する可能性がある中、アイケア・イヤケアカンパニーとして、そうした方々に支援を行うことは社会的責務と考え、支援活動の実施に至りました」と説明した。

 <支援活動内容>
 ・コンタクトレンズの無償配布(使い捨てコンタクトレンズ1箱30枚を2箱無償提供)
 ・コンタクトレンズケア用品の無償配布(1本)
 ・補聴器用空気電池の無償配布(1パック)

 <実施概要>
 ・期間:2021年9月9日(木)~
 ※感染状況により活動を終了
 ・対象:コンタクトレンズは装用経験者(同社利用のない人も利用可能)
 ※補聴器用空気電池は誰でも可能
 ※1人1回限りの申し込み
 ・利用方法:同社ホームページ(https://www.visionaryholdings.co.jp/)から申し込み

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月9日のニュース