奇策もあり!? 二階氏の次の幹事長は誰? 9月中に衆院解散の観測広がる

[ 2021年9月1日 05:30 ]

幹事長候補を巡る相関図
Photo By スポニチ

 菅義偉首相は31日、自民党の二階俊博幹事長の交代を含む党役員人事を来週前半に実施する調整に入った。併せて内閣改造も行う方向だ。複数の関係者が31日、明らかにした。党内では、首相が党総裁選(今月17日告示、29日投開票)を先送りするため、一連の人事後の今月中旬に衆院解散に踏み切るのではないかとの観測が広がった。

 政権内では既に、首相が解散の権限を行使せず、衆院議員の任期満了(10月21日)に伴い次期衆院選を閣議決定する案が浮上している。解散、任期満了のいずれの場合も「10月5日公示、17日投開票」が軸となる。

 首相は人事断行で政権浮揚を図り、衆院選を有利に進めたい考えとみられる。政権内では14~16日に臨時国会を召集し、解散する案が浮上している。

 二階氏が交代となれば、選挙を取り仕切る幹事長は誰になるのか。有力視されるのは、麻生派の甘利明自民党税制調査会長だ。安倍晋三前首相、盟友の麻生太郎副総理兼財務相とともに「3A」の1人として、首相を挟んだ二階氏との主導権争いを演じてきた。昨秋総裁選後に二階氏が幹事長続投を勝ち取り影響力を強めたのと対照的に、麻生氏は存在感が低下。“甘利幹事長”誕生となれば、党内勢力図の塗り替えを意味しそうだ。

 萩生田光一文部科学相の名前も挙がる。安倍氏が事実上のオーナーで大きな影響力を持つ最大派閥・細田派に属し、言わずと知れた安倍氏の最側近だ。

 麻生氏は首相支持の安倍氏に同調とされているが、その細田、麻生両派でも若手を中心に「菅首相では選挙を戦えない」との声があり意見集約は難航。首相としては甘利氏か萩生田氏の起用で、安倍、麻生両氏の協力を最大限得たいところだ。

 奇策と言えるのが、初の女性首相を目指すと公言する無派閥の野田聖子幹事長代行の昇格。政府関係者は「幹事長人事の肝は“刷新”の演出。女性初の幹事長でうってつけだ」と指摘。幹事長はカネ、人事、公認権など権力の源泉を握る最高実力者。自民党関係者は「野田さんが権力をフルに使い、のし上がっていけるとは誰も思わない」と、各派の警戒感が薄まる絶妙な人事だと解説した。

 奇策と言えば、国民の間で人気のある石破茂元幹事長の再登用説も浮上しそうだ。

 総裁選は岸田文雄前政調会長の出馬表明で、首相に対する批判票が対抗馬に集まる可能性が出てきた。首相は党内の支持を十分集められる見通しが立っておらず、総裁選を先送りするために解散に踏み切ることにしたとみられる。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月1日のニュース