ボストンの4階建て狭小住宅が「ON SALE」 4年前と比べて価格は25%アップ

[ 2021年8月16日 09:15 ]

 米マサチューセッツ州ボストンのノースエンド地区で2017年に90万ドル(約9900万円)で販売された4階建ての狭小住宅が再び売りに出され、価格は4年前より25%アップの120万ドル(約1億3200万円)に設定された。

 地元紙ボストン・グローブが報じているもので、床面積は108平方メートルあるものの、最も幅のある部分で3メートル、狭いところでは2・8メートルしかないという米国では「SKINNY HOUSE(やせほそった家)」と紹介されている稀少物件。玄関は道路に面した場所にはなく、狭い路地を入った建物の側面に“勝手口”が取り付けられている。

 ボストン港が見えるなど景観は抜群で、狭いながらも家具付きで裏庭も完備。1階は標準サイズのキッチンとダイニングルーム、2階は寝室と浴室、3階がリビングと寝室で4階は寝室だけとなっている。

 なお2017年に売り出されたときには問い合わせが殺到し、3カ月を待たずに成約。“中古物件”となったにもかかわらず価格が上がった今回の動向が注目されている。

続きを表示

「嵐」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年8月16日のニュース