広島原爆の日は黙とうせず IOC発表に日本中が怒り!「バッハじゃなくて…」

[ 2021年8月1日 20:55 ]

IOCのバッハ会長(AP)
Photo By AP

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、国際オリンピック委員会(IOC)が五輪開催期間中の「広島原爆の日」の8月6日に、選手や大会関係者に黙とうを呼び掛けるなどの対応をしない方針だと明らかにした。広島市などが黙とうの呼び掛けを要請していた。

 
 これにはネット上で怒りの声が続出。とりわけ大会前に広島を訪れたIOCのバッハ会長に対しては、「バッハじゃなくてバッカ」「広島へは観光で行って、別に何も感じなかったってことなんだな」「何のために広島に行ったんだ、これでバッハという人間の冷酷、極悪さが表面化した」と厳しい言葉が並んだ。

 一方で少数意見ながら「原爆の追悼はあくまで日本の国内のこと」「広島は開催都市でもないし、一律に実施することに違和感を覚える選手もいるのではないか」など、理解を示すコメントも見られた。

 IOCによると、16年リオデジャネイロ大会以降、歴史の痛ましい出来事や、さまざまな理由で亡くなった人たちに思いをはせるプログラムが閉会式に盛り込まれているので、広島の人たちへの思いも8日の閉会式で共有したいとの意向という。

 

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年8月1日のニュース