コロナ感染 東京最多更新4058人、首都圏3県も 全国では3日連続の1万人超え

[ 2021年8月1日 05:30 ]

 東京都は31日、新型コロナウイルスの感染者が新たに4058人報告されたと発表した。29日の3865人を超えて過去最多を更新し、初の4000人台に上った。7月の感染者は計4万4034人となり、1月の4万367人を上回って月間の最多も更新した。

 一方、首都圏3県でも過去最多を更新。神奈川県で1580人、埼玉県で初の1000人超えとなる1036人、千葉県で792人が報告された。また、大阪府で5月8日以来の1000人超えとなる1040人を数えるなどし、国内全体では1万2342人となった。4日連続で過去最多を更新し、1万人超えは3日連続。東京都の直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は2920・0人で過去最多を更新。前週比は217・0%と200%を超えた。モニタリング会議メンバーの専門家が指摘する「経験したことのない爆発的な感染拡大」の懸念が強まっている。

 新規感染者の年代別内訳は20代が1484人で最多を占め、30代は887人。ワクチン接種が進む65歳以上の高齢者は2・6%と割合は低いが、106人に上った。死亡が確認されたのは3人。入院患者は74人増の3209人で、うち重症者は7人増の95人で2月14日以来の100人台が目前に迫っている。自宅療養者は1万392人と初めて1万人を超えた。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年8月1日のニュース