鳩山元首相 天皇陛下の開会宣言で慌てて起立の菅首相をバッサリ!「尊崇する気持ちはさらさらない」

[ 2021年7月24日 15:09 ]

鳩山由紀夫氏
Photo By スポニチ

 鳩山由紀夫元首相(74)が24日、自身のツイッターを更新。菅義偉首相と小池百合子都知事を痛烈に批判した。

 鳩山氏は、東京五輪の開会式で天皇陛下が開会宣言した際、菅首相と小池都知事がしばらく着席したままで、慌てて起立したことを問題視。「天皇陛下が心ならずも五輪の開会宣言をなさったが、隣の菅首相や小池都知事は途中まで立ち上がることをせず座ったままで聞いていたことが世界に知られることとなった」とバッサリ。

 さらに「彼らは天皇を都合よく使うことには長けているが、天皇を尊崇する気持ちはさらさらないことが天下に明らかになった」と続けて、厳しい言葉を並べた。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年7月24日のニュース