夏野剛氏 不適切発言を謝罪「アホとかクソという言葉を使ったのは甘え」

[ 2021年7月24日 05:30 ]

夏野剛
Photo By スポニチ

 実業家で東京五輪・パラリンピック組織委員会参与も務める夏野剛氏が23日、ツイッターで、自身が出演した21日放送のABEMAのニュース番組での発言について謝罪した。

 番組では五輪開催を巡る国民の不公平感について「そんなクソなピアノの発表会なんてどうでもいいでしょう、五輪と比べれば。それを一緒にするアホな国民感情に、今年選挙があるから乗らざるを得ないんですよ」と発言。反発を呼んでいた。

 夏野氏はこの日「アホとかクソという言葉を使ったのは、番組の雰囲気に甘えた極めて不適切な発言でした。不快に思われた方々に心からおわび申し上げます」と謝罪した。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年7月24日のニュース