ブルーインパルス 東京上空を華麗に飛行、五輪開幕告げる

[ 2021年7月24日 05:30 ]

国立競技場の上空を飛ぶブルーインパルスを一目見ようと多くの人が詰めかける
Photo By スポニチ

 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が23日、東京五輪開会式会場の国立競技場上空に五輪マークを描く飛行に挑んだ。だが雲と重なってはっきりせず、カラースモークは風に流されて、青空にくっきり描いた1964年の開会式の再現とはならなかった。東京都内は緊急事態宣言中だが、見物人で密集状態の場所も生まれた。

 ブルーインパルスの飛行隊長を務める遠渡祐樹2等空佐は「無事に任務を達成でき、大きな充実感に包まれている。ご支援いただいたたくさんの方々に感謝の念を伝えたい」と話した。五輪出場選手にも言及。「準備に費やした過程に敬意を表する。最高のパフォーマンスを発揮できるよう祈念します」とエールを送った。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年7月24日のニュース