都庁の聖火リレー到着式 最終参加者に勘九郎、大河「いだてん」出演

[ 2021年7月22日 05:30 ]

 東京都は21日、都庁で23日に開く聖火リレー到着式で、聖火皿に点火する最終参加者は歌舞伎俳優の中村勘九郎(39)が務めると発表した。勘九郎は2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」の主人公の一人で、日本人として五輪に初めて出場したマラソン選手金栗四三を演じた。

 聖火リレーは3月25日に福島県をスタート。121日かけて全都道府県を巡り、23日の東京都庁でゴールする。夜には開会式で聖火台に点火される予定だ。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年7月22日のニュース