五輪・パラでブルーインパルス飛行、航空自衛隊発表「世界中に笑顔届けたい」

[ 2021年6月25日 05:30 ]

 航空自衛隊は24日、アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、7月23日の東京五輪と8月24日のパラリンピックそれぞれの開会式当日に東京都内上空を飛行すると発表した。開会式はいずれも夜間に予定されているため、当日の昼間に飛行するとみられる。

 空自によると、カラースモークを使い五輪の開会日は青、黄、黒、緑、赤の五輪マーク、パラリンピックでは赤、青、緑のシンボルマークを描く。空自トップの井筒俊司航空幕僚長は24日の記者会見で「世界中の多くの方に笑顔を届けたい」と述べた。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年6月25日のニュース