「セブンティーン」 10月号で定期刊行終了 ネット中心に移行「生活様式や価値観の変化に合わせる」

[ 2021年6月23日 05:30 ]

 集英社は22日、女子中高生向けの月刊ファッション誌「セブンティーン」について、9月1日発売の10月号で定期刊行を終え、インターネット中心のメディアに移行すると発表した。

 同社は「読者の生活様式や価値観の変化に合わせるため」と説明。会員制交流サイト(SNS)や動画投稿サイトでの発信を強化するとともに、イベントなども充実させていくとしている。紙の雑誌としても来年3月以降、年に3~4冊を発行する予定という。

 同誌は1968年創刊で、発行部数は12万5000部。女優の北川景子や桐谷美玲らが専属モデルとして人気を集めた。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2021年6月23日のニュース