ユーチューバー「へずまりゅう」初公判 自身の動画流されると声を上げ涙 動画で月額200万円の報酬

[ 2021年6月23日 05:30 ]

 「へずまりゅう」を名乗りユーチューバーとして活動中、スーパーで魚の切り身を盗んだとして、窃盗などの罪に問われた原田将大被告(30)の初公判が22日、名古屋地裁岡崎支部で開かれた。弁護側は窃盗罪について「直ちに精算する予定だった」と無罪を主張、他の起訴内容は認めた。

 検察側は冒頭陳述で被告が「迷惑をかける動画を制作し再生回数を稼いだ」と指摘。一方、被告は「再生回数を稼げると思ったが、犯罪だとは思わなかった」と主張。撮影した動画が流されると声を上げ涙を流す場面も。多い時で月額200万円の報酬を得ていたという。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年6月23日のニュース