インドのビハール州がコロナによる死者数を修正 一気に74%増加

[ 2021年6月11日 15:14 ]

インドのコルカタでワクチン接種を受ける女性(AP)
Photo By AP

 インド北東部でネパールと国境を接しているビハール州の保健当局は10日、新型コロナウイルスによる累計の死者数を5424人から9429人以上に修正。AP通信によれば、5月に自宅などで死亡した人などを加えたもので、一気に74%が増える結果となった。ただしそれでもなお実際の死者数は多いと見られており、感染の実態がつかめていないインド国内の状勢を浮き彫りにする出来事となった。

 インド全体ではここまで約2930万人が感染して36万人が死亡。5月には1日で40万人以上の新規感染者を出していた。しかし10日は9万1702人(死者3403人)で、その数はかなり減少している。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年6月11日のニュース