真夏日の東京で“光の輪” 各地で今年一番の暑さ

[ 2021年6月9日 05:30 ]

今年初の真夏日となった東京・銀座で見られた、太陽の周囲に現れる光の輪「ハロ」とみられる現象
Photo By 共同

 関東や東海、西日本を中心に8日、高気圧に覆われ、各地で今年一番の暑さとなった。浜松市天竜区では全国で今年最も高い34.3度を記録。全国に919ある観測点のうち30度以上の真夏日となったのは235地点に上った。

 東京都心部も今年初めて真夏日となり、午後2時前には31.4度を記録した。一方、上空に寒気が流れ込んで薄雲が広がり、銀座では雲をつくる氷の粒で太陽光が屈折した際、太陽の周囲に現れる光の輪「ハロ」とみられる現象が見られた。気象庁によると、大分県日田市、福岡県久留米市でも34度に達した。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年6月9日のニュース