元米国防総省当局者が証言「UFOは実在する 米政府が言っているのだ」

[ 2021年5月19日 05:30 ]

 米国防総省で未確認飛行物体(UFO)に関する情報を収集して分析するプロジェクトの責任者だった元当局者のルイス・エリゾンド氏が18日までに、米CBSテレビの番組で「UFOは実在する」と明言した。同氏はインタビュアーに「私がUFOがあると言っているのではない。米政府が言っているのだ」と語った。17年の米CNNの取材に対しても「私の個人的な確信として、宇宙にいるのが我々だけではない可能性を裏付ける証拠がある」と地球外生命体の存在にも言及していた。

 エリゾンド氏は米軍の諜報(ちょうほう)作戦に長年従事した後、2008年に国防総省の「先端航空宇宙脅威特定計画」(AATIP)に加わり、10年から12年まで責任者を務めた。科学者や技術者、情報分析の専門家と共に、米軍のパイロットらが任務中に遭遇した謎の飛行物体の映像などを分析していたという。

 国防総省は昨年4月、海軍が撮影した「謎の空中現象」として、UFOのような物体が記録された3種類の映像を公開し、話題を呼んだ。エリゾンド氏は番組で、UFOが存在するのは間違いないと主張し「問題は一体何者でどういう意図があり、どんな能力を持っているかだ」と訴えた。

 番組には海軍戦闘機の元パイロットらも出演。04年に西部カリフォルニア州沖で飛行中、翼のない物体に近づいたところ突然目の前から消えたなどと証言した。

 AATIPへの予算は12年に打ち切られたが、国防総省は昨年8月、UFOの探査や分析に当たるタスクフォースを新設。同12月には上院情報特別委員会のルビオ委員長代行(当時)が国家情報長官と国防長官にUFOに関する報告書の提出を求めた。ルビオ氏は番組でUFOについて「話題にすると笑う議員もいるが真剣に取り組む必要がある」と述べ、実態解明が重要だと訴えた。同省は6月、UFOに関する報告書を議会に提出予定だ。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2021年5月19日のニュース