三原じゅん子副大臣“行方不明”で大騒ぎ 別会合に出席で委員会遅刻

[ 2021年5月14日 05:30 ]

 三原じゅん子厚労副大臣が13日午後、参院厚生労働委員会に姿を見せず、国会内を探しても所在が分からず一時「行方不明状態」になった。

 事の発端は午後の委員会開始時。医師の働き方改革を進める医療法改正案の採決が予定されていたが、三原氏は席にいなかった。厚労省の国会担当職員が捜し回ったが見当たらない。立憲民主党の蓮舫代表代行は「どこで何の用事で不在なのかを厚労省の役人も承知していない事態」などと自身のツイッターで実況中継。野党側からは「行方不明だ」という声が上がった。

 開始から30分遅刻し、ようやく姿を現した。この間、三原氏は自身が主導し、ハイヒールのリンゴ(59)、モデルのトラウデン直美(22)らが出席した「コロナ禍の雇用・女性支援プロジェクトチーム」の会合に参加するため厚労省内にいた。これが国会担当職員には伝えられていなかった。

 立憲民主党は、法案審議や採決が予定されているにもかかわらず、副大臣が委員会にいなかったのは重大な問題だと猛反発。予定していた一部の質疑と医療法改正案の採決を行わずに散会した。

 行方不明騒動の影響で、きょう14日の参院本会議で見込まれていた、医療費の窓口負担増を含む医療制度改革関連法案の審議入りも先送りされる事態となった。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年5月14日のニュース