日本のワクチン接種回数 OECD加盟37カ国で最下位、欧米と大差…

[ 2021年5月11日 05:30 ]

 10日時点の英オックスフォード大などの調査によると、新型コロナウイルスワクチンの接種回数は世界全体で約13億回に上る。日本は経済協力開発機構(OECD)加盟37カ国のうち、100人当たりの接種回数が3・32回と最下位。ほかに1桁にとどまるのは韓国とニュージーランドだけで、マスクなしの外出に戻りつつある一部欧米諸国との差は顕著だ。

 投与回数が計約2億6000万回に上り、人口の約34%が必要な回数を終えた米国。接種完了から2週間経過すれば屋外でのマスク着用は原則として不要となり、国内旅行時の検査や自主隔離もいらなくなった。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年5月11日のニュース