メキシコの地下鉄で大惨事 高架部分が崩壊して車両が道路に落下 死者15人 負傷者70人

[ 2021年5月4日 15:32 ]

崩壊した高架部分とともに落下したメキシコシティーの地下鉄の車両(AP)
Photo By AP

 メキシコシティー南部の市営地下鉄で3日、崩壊した高架部分を通過していた地下鉄の車両が道路に落下。この事故で少なくとも15人が死亡し、70人が負傷して34人が病院に搬送された。

 車両は地上の車1台を押しつぶす形となっているが、完全には落下していない状態。レスキュー隊が現場に駆け付けたものの、車両が不安定な状態になっていることから救出活動は難航している。

 AP通信によれば、1969年に運行が始まったメキシコの地下鉄は世界で最も規模が大きく、最も本数の多い路線の一つ。2015年と昨年には衝突事故を引き起こし、死傷者を出していた。なお高架が崩壊した原因についてはまだ分かっていない。

続きを表示

この記事のフォト

「騒動特集」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年5月4日のニュース