野球グラブ窃盗で男女逮捕 全国で万引?「売って生活費に」

[ 2021年4月30日 05:30 ]

 広島県警は29日までに、スポーツ用品店で野球のグラブを盗んだとして、窃盗の疑いで、いずれも富山市の無職男(29)と女(22)を逮捕した。県警によると、男は「全国50件以上の店で何百個も万引した」と供述、女は「売って生活費に充てた」と話しているという。

 2人の逮捕容疑は、共謀して昨年12月20日午後1時ごろ、広島県福山市のスポーツ用品店で野球用グラブ2個(5万7590円相当)を万引した疑い。

 同月中に店から被害届を受けた県警が、防犯カメラの映像などから2人を特定。男の銀行口座には、野球用品の買い取り業者から計数百万円の入金があった。逮捕時に男宅を捜索すると、新品のグラブが21点見つかった。

 この捜索で覚醒剤や大麻も見つかり、県警は覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反の容疑でも男を逮捕した。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月30日のニュース