国内コロナ死者1万人超え 世界の中では42番目

[ 2021年4月27日 05:30 ]

東京・渋谷の大型ビジョンに流れる、国内の新型コロナウイルスによる死者が累計で1万人を超えたことを伝えるニュース
Photo By 共同

 国内で新型コロナウイルスに感染し死亡した人が26日、累計で1万人を超えた。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、死者は世界全体で310万人で、日本は世界の中では42番目。初めてウイルスが見つかった中国では4800人、韓国は1800人で日本よりも少ない。

 感染力の強い変異株への置き換わりが急速に進んで「第4波」に歯止めがかからず、死者数の増加に拍車が掛かっている。21日現在の厚生労働省のデータによると、死亡率は高齢になるほど高く、80代以上13・9%、70代5・2%、60代1・5%。男女別では男性の方が死亡率は高い傾向にあり、80代以上では男性は19・0%、女性は10・9%となっている。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月27日のニュース