沈没で潜水艦乗組員53人全員死亡 最大潜水深度を大きく超過

[ 2021年4月26日 05:30 ]

 水中カメラで撮影された、沈没した潜水艦のいかりとみられる物体(インドネシア海軍提供・共同)
Photo By 共同

 インドネシア海軍の潜水艦がバリ島沖で消息を絶った事故で、国軍のハディ司令官が25日に記者会見し、潜水艦は沈没し乗組員53人全員が死亡したとの見解を明らかにした。水中カメラの映像で艦のかじやいかりの一部、乗組員の脱出スーツが見つかったことや、油の流出などから判断した。

 ハディ氏は「国軍を代表して、殉職した乗組員家族に心からの哀悼の意を表する」と述べた。

 海軍のユド参謀総長は、潜水艦は500メートル程度の最大潜水深度を大きく超過する水深838メートルの海底に沈んでおり、船体が三つに裂けていたと説明した。潜水中に何らかのトラブルで停電が起きた可能性があり、水圧に船体が耐えきれなくなったとみられる。ユド氏は潜水艦の引き揚げ作業に着手する方針を明らかにし「(船体を)調査して二度と事故を繰り返さないようにする」と強調した。

 外国から支援が相次ぎ、近隣のシンガポールとマレーシアが派遣した潜水艦救難船や米国の哨戒機やオーストラリアのフリゲート艦が捜索に加わっていた。

 国軍によると、潜水艦は21日未明に許可を得て潜水を始めた後に消息を絶った。魚雷発射訓練を実施する予定だった。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月26日のニュース