新宿区地下駐車場事故 避難促すアナウンス流れていた

[ 2021年4月17日 05:30 ]

 東京都新宿区にあるマンション地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、現場責任者の男性が警視庁に「事故当日の朝礼で、天井に付いている消火設備に触れないよう作業員に指導した」と話していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 事故時に「消火剤を噴出します」と避難を促すアナウンスが流れたことも判明。作業員らが作業中に誤って消火設備に触れるなどして作動させたことでCO2が噴出し駐車場に充満したとみて事故原因を調べている。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年4月17日のニュース