大阪 新型コロナ感染1200人超え、3日連続1000人超で最多更新

[ 2021年4月16日 05:30 ]

 大阪府は15日、過去最多の1208人が新型コロナウイルスに感染し、感染者4人が死亡したと発表した。感染発表は3日連続で最多を更新、1000人超も3日連続となった。現在、軽症・中等症病床1781床の使用率は67・1%まで上昇。自宅療養中は約6300人、入院や療養の調整中が約2300人に上った。

 府は現状に近い週1・5倍のペースで感染者が増えると5月4日には入院中の重症者が340人になると試算。今月14日時点で確保できている重症病床227床を大きく上回る数字だ。さらに、30代以下が主流だった3月以降の感染第4波だが、ここへ来て60代以上の高齢世代の割合が上昇しており、重症者の増加が試算以上に加速する恐れもある。

 試算では、まん延防止等重点措置の開始から2週間となる19日を境に感染者が減少に転じるとするが、府幹部は「そうならない可能性もある」と懸念している。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月16日のニュース