聖火リレー関係車両が3月に福島県で計4件の接触事故 ケガ人なしも受託会社に組織委が厳重注意

[ 2021年4月9日 05:30 ]

 東京五輪の聖火リレー関係車両が3月24~27日に福島県で計4件の接触事故を起こしていたことが8日、大会組織委員会への取材で分かった。

 いずれも軽微でケガ人はいなかったため、組織委は公表せず。車両の運行は聖火リレーの受託会社が担当しており、組織委が厳重注意した。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「加藤綾子」特集記事

2021年4月9日のニュース