島根県一転 聖火リレー条件付き容認 丸山知事「補正予算の検討に盛り込んでもらうため」

[ 2021年4月7日 05:30 ]

島根県の丸山達也知事
Photo By 共同

 島根県の丸山達也知事は6日、東京都内で記者会見を開き、中止を検討していた県内の東京五輪聖火リレーについて、一転して実施を容認する考えを表明した。新型コロナウイルス禍で大規模イベントの自粛ムードが全国的に広がっている状況を踏まえ、リレーに伴走するスポンサー車両のスピーカー音量の制限などを求めるが、応じない場合でも中止判断はしない。

 方針転換した理由については、自民党の二階俊博幹事長が2021年度補正予算案編成の可能性に言及した点を挙げ、実施の条件として要望してきた新型コロナウイルス感染抑制地域の飲食店への追加支援策が盛り込まれる余地があると判断した。丸山氏は会見で「補正予算の検討に盛り込んでもらうためには、聖火リレーを中止するという選択をすることは飲食店事業者にプラスの影響を及ぼさない」と述べた。

 丸山氏は同日、大会組織委員会関係者と実施に当たっての改善事項を協議。音量制限について要請したところ、組織委側から「検討可能だ」との回答があったという。スポンサー車両の削減も求めたが受け入れられなかった。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月7日のニュース