大阪 コロナ対策「見回り隊」が巡回スタート 「アクリル板は?」「CO2センサーは?」

[ 2021年4月5日 19:39 ]

大阪市北区の飲食店をチェックする「見回り隊」の大阪市職員2人組
Photo By スポニチ

 新型コロナ感染拡大の「まん防止等重点措置」による対策が5日からスタート。大阪市では見回り隊が午後5時から大阪市の繁華街キタ、ミナミを見回った。

 午後6時半過ぎに大阪市職員2人が大阪駅前第3ビル(大阪市北区)にあるイタリアンキッチン「Sa」を訪問。約10分ほど「アクリル板は?」「CO2センサーは?」などと同店の木下良介社長(42)に9つの質問。その後、入り口付近から店内をチェックした。

 「初日から来るとは思いませんでした。できることとできないことがあるけど、協力します」と木下社長。発注済みのCO2センサーは「2、3日中に届く」そうで、アクリル板については「前、左右に置いて、果たして会食する意味があるのか」と設置を検討している。

 市職員は24項目にわたるセフルチェックシートを数枚手渡し「これから毎日、数件回ることになります」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「騒動特集」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2021年4月5日のニュース