五輪パラ演出トップ不在で本番へ…渡辺直美“侮辱騒動”の佐々木氏後任置かず

[ 2021年4月2日 05:30 ]

国立競技場
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が、開閉会式の企画、演出を巡り、3月に辞任したクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)が務めていた統括役の後任は置かない方針を固めたことが1日、分かった。複数の大会関係者が明らかにした。

 開閉会式の企画、演出の内容は既にほぼ固まっており、これまでの制作チームが中心となって、引き続き作業を進める。五輪開幕まで4カ月を切った段階で、外部から新たな統括役を招くのは、現実的でないと判断した。

 佐々木氏は3月に、式典に出演予定だった渡辺直美(33)の容姿を侮辱する内容の演出を関係者に提案していた問題が発覚。責任を取って辞任した。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月2日のニュース