調教師10人以上が持続化給付金受給認める JRAの調査に回答

[ 2021年3月4日 05:30 ]

美浦トレーニングセンター
Photo By スポニチ

 日本中央競馬会(JRA)の調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、調教師10人以上がJRAの調査に対し「受給した」と回答していることが3日、複数の競馬関係者への取材で分かった。

 日本調教師会の調査では、調教助手や厩務員ら130人以上が「受給した」と回答したことが判明しており、不正が疑われる受給者は競馬界全体で計約150人、受給総額は1億5000万円を超える可能性が出てきた。

続きを表示

「松山英樹」特集記事

「騒動特集」特集記事

2021年3月4日のニュース