河野行革相、TGCにサプライズ“出演” ビデオレターで若者にワクチン接種呼びかけ

[ 2021年3月1日 05:30 ]

マイナビ東京ガールズコレクション ( 2021年2月28日 )

ビデオレターを寄せてコロナワクチン接種への理解を求める河野行政改革担当相(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスのワクチン接種担当を務める河野太郎行政改革担当相が28日、オンラインで行われた若者向けファッションショー「マイナビ東京ガールズコレクション(TGC)」にビデオレターを寄せ、ワクチン接種を呼び掛けた。

 アイドルによるオープニングアクトの後にサプライズでスクリーンに映し出された河野氏。TGCが3度目の無観客開催になったことに触れた後、無自覚のまま感染を広げていると一部で批判されている若者の心情を意識してか「皆さんも毎日、飲み会を我慢したり、楽しい時を我慢したり、本当にありがとうございます」と一礼。「皆さんと一緒にこのコロナ、何とか抑えつけていきたい。そのための切り札がワクチンです」と“共闘”を呼び掛けた。

 また、重症化しないとの一部若者の思い込みを危惧し「若い人でも長く後遺症で苦しんでいる方がいらっしゃいます」と訴え「ぜひ、皆さんの(接種の)番が回ってきたら、ワクチンを打っていただきたい」と述べた。

 さらに「楽しい時間を取り戻せる、東京ガールズコレクションをリアルに開催できる、あるいは、好きな人とデートを楽しむことができる、そういう時間をみんなで一緒に頑張って取り戻していきたいと思います」として再度接種を呼び掛け、一礼。1分45秒のメッセージを締めた。

 200万人以上のフォロワー数を誇る自身のツイッターでも「見てね。」とつぶやき、動画を投稿した。

 世論調査では高年層に比べ30代以下の若年層は接種希望割合が低い傾向にあり、自らの発信力を生かしてアピールした格好だ。

 しかし、接種スケジュールは度々変更。医療従事者に続く高齢者への接種は「4月1日以降」から「同12日から限定接種」「同26日以降、本格化の予定」とずれ込み、基礎疾患のある人などに対する接種へと続く。若者を含む「それ以外」の人たちは最後だ。ビデオで2回触れられた「順番」が来るのは早くても6月以降になりそうで「呼び掛けがちょっと早過ぎる」との声も上がりそうだ。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年3月1日のニュース