知事会会合で政府へ不満噴出、ワクチンなど「振り回されている」

[ 2021年2月28日 05:30 ]

 全国知事会が27日開いたオンライン会合で、新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報の遅れや度重なる日程変更など、政府対応への不満が噴出した。

 接種の体制整備に取り組む自治体の財源不足も判明。知事会は、円滑なワクチン接種に支障が出る懸念があるとして正確な情報提供や財政支援の強化などを近く国に緊急提言する。

 会合で谷本正憲石川県知事は「国から情報が来るたびに接種計画を見直さざるを得ない。日々振り回されている」と、二転三転する政府方針を批判した。

続きを表示

「松山英樹」特集記事

「騒動特集」特集記事

2021年2月28日のニュース