天皇陛下 今年20歳迎える愛子さまに「視野を広げていってほしい」

[ 2021年2月23日 05:30 ]

天皇陛下 61歳誕生日記者会見

愛子さま
Photo By 代表撮影

 天皇陛下は新型コロナウイルス禍の克服を願い「忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」と述べられた。犠牲者を悼み、医療従事者や保健所職員らに感謝。「ストレスを感じる方も多いと思います。お一人お一人が、人知れず続けている努力を多といたします」と国民をねぎらった。

 昨年4月に学習院大文学部に進学された長女愛子さまには「今まで以上に、さまざまな経験を積み重ねながら視野を広げていってほしい」と期待を寄せた。今年12月1日に20歳の誕生日を迎え、成年皇族として公務に当たることになる。結婚については「大学生活も始まったばかりなので、視野を広めていくことになる」とし、「その過程で結婚のことも含めて、将来のことも話し合う機会があるかと思います」と述べるにとどめた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2021年2月23日のニュース