イスラエル ファイザー製ワクチン2回接種で発症予防95・8%

[ 2021年2月22日 05:30 ]

 イスラエル保健省は20日、ファイザーのワクチンについて、2回の接種による発症予防効果が95.8%に上ったと発表。ファイザーの臨床試験(治験)とほぼ同様の数字で、改めてワクチンの有効性が示された。

 イスラエルはファイザーのワクチン接種を進めており、昨年12月の接種開始から今月13日までのデータを分析した。保健省によると、2回目のワクチン接種から2週間経過後の発症予防効果は95.8%で、発熱や呼吸困難を防ぐ効果は98.0%。感染による死亡を防ぐ効果は98.9%だった。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2021年2月22日のニュース