全国知事会、組織委に聖火リレー実施案要求 徳島県知事「心配の声が聞かれている」

[ 2021年2月18日 05:30 ]

東京五輪聖火リレーの桜のデザイントーチ(Tokyo2020提供)
Photo By 共同

 全国知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は17日、東京五輪聖火リレーについて、具体的な実施方法を早急に示すよう大会組織委員会に求めるコメントを発表した。丸山知事の意向を受け、全国の自治体に波紋が広がっていることを踏まえた対応。

 飯泉氏はコメントで、スタートまで約1カ月と迫る中、東京など10都府県で緊急事態宣言が継続しており「宣言対象外の地域からは、感染拡大防止と社会経済活動の両立に心配の声が聞かれている」と指摘。組織委に迅速な対応を求めた。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「騒動特集」特集記事

2021年2月18日のニュース